AgingCare.jp

“いつまでも若く、美しく、健康で暮らしたい!”そんなあなたに役立つエイジングケア情報をお届けします。

ニキビは治る!正しいニキビケア

 

あなたは「死ぬまで醜い肌かもしれない…」と悩んでいませんか? この記事は、ニキビに悩んで自分に自身が持てなくなってしまった方に是非とも読んで頂きたい。ひょっとすると、実は治るはずのニキビを間違った方法で治らなくしているかもしれません。思春期ニキビ、大人ニキビ、背中ニキビ、しっかり治して新しい人生を手に入れましょう。

スポンサーリンク

 

ニキビとは?

ニキビは、皮膚の炎症性疾患で面皰(めんぽう)とも呼ばれます。

皮脂を分泌する毛穴が詰まり、乾いた皮脂や角質が溜まってニキビになります。

医学的には、痤瘡(ざそう)や尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれています。

一般的に青年の顔面に発生するものをニキビと呼び、それ以外のものは吹き出物(ふきでもの)と呼ばれることが多い。

皮脂ホルモン細菌によってニキビになることから、顔、胸、背中などの皮脂が多く分泌する部位にできやすいのです。

ニキビの症状と原因

毛穴が閉じている状態で膨らんだ状態を白ニキビ、溜まった皮脂が毛穴を押し広げて酸化した状態を黒ニキビ、細菌が増殖し毛穴や周囲に炎症が起きた状態を赤ニキビと呼びます。

白ニキビ 詰まった毛穴の中に乾いた皮脂や角質が溜まって膨らんだ状態
黒ニキビ 溜まった皮脂や角質が毛穴を押し広げて空気に触れ酸化して黒く見える状態
赤ニキビ 溜まった皮脂や角質に細菌が増殖し毛穴やその周囲に炎症が起きた状態

 赤ニキビは、皮膚に多く存在する皮膚常在菌のアクネ桿菌(あくねかんきん)が作り出します。

酸素のない皮脂腺の奥に生息し皮脂を好むため、詰まった毛穴の中で皮脂を栄養として増殖します。

過剰増殖したアクネ桿菌が脂肪分解酵素を分泌して皮脂を遊離脂肪酸に変化させます。

また、紫外線や空気中の酸素が皮脂を過酸化脂質に変化させます。

遊離脂肪酸や過酸化脂質が酸化された結果、炎症が起きて赤くなったり、膿みが溜まって黄色い部分ができたりする。

更に進行すると毛穴が破れて中身が流れ出してしまい、皮膚の深い部分を傷つけてしまいます。

この場合は、炎症が治っても瘢痕(はんこん)やあばたと呼ばれる痕が残る場合が多いのです。

流れ出た中身が炎症を広げる原因になることもあります。

膿みが出たり痛みを伴うことが多く、見た目の問題から大きな悩みとなり、精神的な苦痛になってしまうことになります。

ニキビの出来るメカニズムは完全に解明されているわけではありませんが、しっかりとニキビケアをすることが重要です。

ニキビの治療法

ニキビの治療は、アクネ桿菌の殺菌皮脂分泌の正常化角質の正常化などが有効とされます。

抗菌石鹸スクラブ入り石鹸は、アクネ桿菌以外の有用な皮膚常在菌を洗い流してしまうだけでなく、皮膚を刺激して悪化させる恐れがありますのでご注意下さい。

ニキビ治療に有効とされる医薬品

一般的に皮膚科で処方されるニキビ治療には抗菌剤抗炎症剤が使われています。

クリンダマイシン リコマイシン系の抗生物質
ナジフロキサシン ニューキロン系の合成抗菌剤
過酸化ベンゾイル 消防法による危険物(自己反応性物質)に指定されている有機過酸化物
抗炎症剤 主にステロイド系と非ステロイド系の2種類に分類される

外用の抗菌剤が聞かない場合は、毛穴の詰まりを取る効果のある角質治療薬を使用されますが、劇薬指定されている治療薬もあります。

トレチノインは劇薬指定で、催奇性(さいきせい;生物の発生段階において奇形を生じさせる物質)などの警告があり、服用後から最低2年間は男女とも妊娠につながる性行為と献血をしてはならない事となっています。

トレチノイン ビタミンA誘導体の一種 ※日光に対し過剰に反応するので慎重な処方が必要
アダバレン レチノイド様の作用を有するナフトエ酸誘導体

ニキビを乾かす効果があるサリチル酸レゾルシノール硫黄を含んだ軟膏などは処方なしで手に入るニキビ治療薬です。

サリチル酸は、そのまま飲むと胃穿孔(いせんこう)を起こし腹膜炎の原因となる比較的強い酸で、角質を軟化させて剥がれやすくすることで毛穴の詰まりを防止する効果があります。

サリチル酸 ベンゼン環境にカルボキシル基とヒドロキシル基を合わせ持つ物質
レゾルシノール ベンゼン環のメタ位に2個のヒドロキシ基を有する構造を持つ有機化合物の一種。
硫黄 原子番号16の元素

重症なニキビでは、経口用抗生物質が使用される場合もありますが、長期服用が必要なうえ、重度な副作用を引き起こすことがありますのでよほどのことがない限り使いたくないものです。

ミノサイクリン 静菌的な抗菌性の広域スペクトル性のテトラサイクリン系抗生物質
テトラサイクリン テトラサイクリン系の抗生物質
エリスロマイシン ペニシリンと類似するマクロライド系抗生物質

医薬品に頼らないニキビの治療方法

皮膚の新陳代謝を施すビタミンB2、皮膚の抵抗力を高めるビタミンB6、色素沈着を防ぐためのビタミンCを摂取すると改善されたと言う報告があるようですが、これらのビタミンは単体で摂取しても栄養として取込まれません。

特にビタミンCは体内に蓄積できません。

つまり、体質の改善にはバランスの良い食生活しかないと言うことになります。

チョコレートスナック菓子揚げ物などの油っこい食べ物がニキビの原因と言う科学的根拠はありませんが、ニキビ治療に好ましくないとされていますので控えましょう。

睡眠不足ストレスも原因のひとつと考えられていますので、食生活を含む生活習慣の改善は絶対条件です。

特に原因が睡眠不足やストレスならば、洗顔や抗菌でニキビを治すことはできません。

化粧品を使用することで毛穴を詰まらせてしまうとニキビを悪化させるので、女性の方はご注意下さい。

アルファヒドロキシ酸を用いたケミカルピーリングという治療法の有効性が確認されていますが、医療機関とエステサロンでは濃度が異なります。

また、症状が悪化したと言う説もありますので、ケミカルピーリングで治療するならば信用できる医療機関を選ぶ必要があります。

保湿は特に重要で、健康な肌はニキビ予防に最適です。

健康な肌とは、正常にターンオーバーしている肌です。

※ターンオーバーについては“ほうれい線本気で直したい?”で少し解説しています。

ターンオーバーが正常な肌は、皮脂のコントロールが正常で毛穴を詰まりにくくします。

ニキビのはじまりは余分な皮脂の分泌で、正常にターンオーバーしていないお肌は正常な分泌ができません。

さらに、本来ガードするはずのお肌の機能が失われてしまいます。

正しい洗顔、正しい生活習慣、正しい保湿ケアを心がけることが正しいニキビケアです。

  • 抗菌石鹸、スクラブ入り石鹸での洗顔を必要以上にしない!
  • バランスの良い食生活を心がける!
  • しっかり睡眠をとりストレスのない生活を心がける!
  • 潤い保持できる保湿ケアをする!

本気で治したいなら必ず実行しましょう。

 

おすすめニキビケア


ニキビを防ぐスキンケア“みんなの肌潤糖クリア”ニキビを防ぐスキンケア“みんなの肌潤糖クリア”
http://www.origotou.com/track/link.php?id=afbcr

12年間、何をしてもダメだった彼女がニキビ肌を防げた方法を実体験から解説。あなたもニキビができにくいツルツル、スベスベ肌を手に入れて下さい。

 - スキンケア , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,