AgingCare.jp

“いつまでも若く、美しく、健康で暮らしたい!”そんなあなたに役立つエイジングケア情報をお届けします。

ご存知ですか?正しいエイジングケア

 

英語のエイジングケアと日本のエイジングケアでは意味が異なります。

スポンサーリンク

 

エイジングケアは“加齢のお手入れ”

エイジングとは、英語の“age”(齢、年齢)の現在進行形“aging(ageing)”が語源で、加齢老化経年などの意味で使われます。

ケアとは、英語の“care”が語源で、広い意味では、世話配慮気配り手入れメンテナンスなどをすることの意味で使われます。

英語で言うagingcareは、どちらかと言えば介護福祉の様な意味合になります。

ただし、英語のcareは、弱者、患者、障害者、高齢者などの世話をしてあげると言った強者からのサービスと言う含みがありますので、アメリカの福祉関係では、careを嫌って別の言葉を使われているようです。

日本で看護の場合は、正式に看護ケアと呼ばれていますので、エイジングケアとは別物になります。

日本で言うエイジングケアを意味する英語は“anti-aging(skin)care”となります。

エイジングケアとアンチエイジングは、基本的に同じ意味あいですが、アンチエイジングの方が老化を防止(抗老化、抗加齢)する意味合いが強くなると言う理由から、日本の薬事法によって、化粧品や医薬品などの表現にアンチエイジングやアンチエイジングケアと謳うことを禁止しています。

世界中の人たちが認める抗老化の製品が開発されても、日本ではアンチエイジングと謳うことができません。(薬事法が変われば別ですが…)

その為に使い始めたのが“エイジングケア”と言う呼び方で、“加齢のお手入れ”または、“老化のお手入れ”と言う意味で使われる和製英語です。

エイジングケアは、お肌だけじゃない!

最近特に、女性の化粧品などでエイジングケアと言う表現を見聞きしますが、エイジングケアは女性やお年寄りだけに必要なわけではありません。

ほとんどの人は生涯の前半を成長、後半を老化と考えていると思いますが、厳密に言えば、年齢を重ねることが加齢であり、加齢=老化であるならば誕生の瞬間から老化が始まっていることになります。

私たちの身体は、誕生した瞬間から常に古い細胞組織が死んで、新しい細胞組織と入れ替わっています。

お肌だけが細胞組織ではなく、身体全体が細胞組織なのです。

つまり、加齢による身体の障害は、お肌の状態だけでなく、身体全体の問題なのです。

各細胞の中には遺伝子があり、その情報をコピーすることで新しい細胞を作っています。

遺伝子を簡単に説明すると、自分自身を作っている設計図と言えるでしょう。

その設計図である遺伝子によって、コピーを繰り返し、お肌を含めた自分自身の全てを作っているのです。

コピーをコピーする訳ですから、当然劣化していきます。

これが加齢による老化で、自然の摂理と言えるのではないでしょうか?

ただし、老化の状態生活習慣生活環境で大きく差がでます。

遺伝子が設計図であるならば、食べ物は細胞を作る作業者や材料です。

タンパク質や炭水化物、脂質などが材料で、その材料をビタミンやミネラルという作業者が身体を作っているのです。

設計図がどんなに優れていても、作業者や材料が悪ければ良い細胞は作れません。

そして、設計図、作業者、材料が揃ったとしても、紫外線や大気汚染などの外的要因で粗悪な細胞ができたとしたらどうでしょう?

自分自身の全てをケアするのがエイジングケア

粗悪な細胞をコピーするのですから、益々コピーの精度は低下します。

ちょっとの精度低下ならすぐに修正できます。
粗悪になってからでは修正するのに時間がかかります。
でも、ほっておいたらもっと粗悪になります。

つまり、エイジングケアは、始めるのが早ければ早いほど、齢を重ねた時の状態が変わると言うことです。

若いからと言って必要のないものではなく、年齢に応じたエイジングケアをすることが明日の自分にとって重要なことでしょう。

つまり、エイジングケアはお肌だけのスキンケアをするのではなく、自分自身の全てをケアすること。

自分自身をケアすることは、若い人や女性だけでなく男性にも当てはまると言うことです。

そして、お肌のエイジングケアは、身体の内側を含めた全身ケアすることで、より大きな効果を生むと言うことです。

 - エイジングケア , , , , , , , , , , ,